近くのお店を探す

ラココの脱毛前に必要なケアは?シェービングやメイク落としは必須?

更新日:2021/01/31/スキンケアマイスター中村由樹

ルミクス脱毛サロンのラココで、脱毛施術をする前に必要なケアや、NG事項をまとめました。シェービングは必須なのか?顔脱毛の際はメイク落としをしていく必要があるのか?など気になるポイントをお伝えします。

シェービングは2~3日前までにフェイス用シェーバーで

脱毛サロンでは脱毛施術の際にはきちんと、ムダ毛をシェービングした状態でいるのが基本さ。ラココも同様だ。脱毛予定日の2~3日前までに、該当箇所をフェイス用電気シェーバーで自己処理しよう。

うなじ・えり足・背中はシェービング補助あり

自分では手の届かない、うなじ・えり足・背中に関しては、施術の際にスタッフがシェービングをしてくれるから安心さ。自分で無理にお手入れしてお肌を傷つけるより、プロに任せてしまおう。ただし、シェーバーの持参が必須となる。ボディ用シェーバーやカミソリではなく、フェイス用電動シェーバーを持参する必要がある。忘れた場合や、カミソリ・ボディ用の電動シェーバーを持って行った場合はシェービングしてもらえないよ。

パナソニックのフェリエの様なタイプのシェーバーね!忘れないように気をつけなきゃ!

その他の部位は1部位1,000円かかる

うなじ・えり足・背中以外でもし剃り残しがあった場合、スタッフによるシェービングは1,000円(税抜)かかってしまうから要注意だ。

シェービング代金の計算例

脚の剃り残し:1,100円
脇の剃り残し:1,100円
Vラインの剃り残し:1,100円
合計3,300円(税込)

剃り残し部位が多いほど、どんどん料金が加算されてしまうのね!気をつけなくちゃ~

シェービングで気を付けるポイント

なるべく剃り残しなく、自分で綺麗にシェービングするコツが知りたいな!

良い心がけだ。脱毛期間中に自己処理する際に気を付けるポイントをお話ししよう。

毛抜きやワックス脱毛は毛穴に大ダメージの為NG

毛抜きやワックス脱毛は、自己処理のなかで一番脱毛できた実感があり好む人も多いが、実は毛穴に大ダメージを与えているんだ。このような自己処理を続けていると、毛穴が目立ってしまったり、埋没毛や毛穴の化膿・炎症、常に鳥肌状態になるなどの肌トラブルを引き起こしてしまうよ。

たしかに、私もずっと脇毛をピンセットで抜いていたから、脇の手触りがポツポツと常に鳥肌が立っているような状態になっている!自己処理が間違っていたのね!

また、毛抜きやワックス脱毛は毛の生えるサイクル(毛周期)を乱してしまう。ラココはSHR脱毛といって、毛周期を気にせず脱毛できる方法だから関係ないが、よくあるIPL脱毛を行っているサロンでは、毛周期の成長期のみしか脱毛効果を発揮しないから、毛周期を乱す毛抜きやワックス脱毛はNGなのさ。

カミソリは肌まで剃ってしまうのでNG

自己処理でありがちな失敗が、カミソリを使用したシェービングだ。カミソリは低価格の為、使いやすいが、シェービングの際に力が入り易く、毛と一緒に肌まで剃ってしまうことが少なくない。肌の一番外側の表皮はたったの0.2mmだ。表皮を削ると、お肌のバリア機能が低下し、乾燥し易くなったり、施術の際に痛みを感じ易くなるよ。

しっかり剃れて、お肌を傷つけにくいフェイス用電動シェーバーで自己処理を

おすすめは、手に力を入れずとも剃れる電動シェーバーだ。なかでも根元からしっかり剃れる様に設計されたフェイス用のシェーバーが自己処理におすすめさ。

ラココでも、シェーバー持参時に推奨しているやつね!

シェービング後は保湿を忘れずに

シェービングした後は、お肌が敏感でとても乾燥し易い状態だ。保湿成分入りの基礎化粧品でしっかりと保湿を行うことが大切だよ。保湿のメリットは他にも色々あるんだ。

脱毛時の保湿のメリット

  • 肌を保湿していると脱毛の痛みが感じにくい
  • 保湿をして水分量がしっかりある肌は脱毛効果を得やすい
  • 照射熱による肌ダメージを受けにくく、脱毛後の乾燥や痒みを軽減できる
  • 保湿せずに肌が荒れた為に脱毛施術を断られるリスクを避けられる

保湿をするメリットってこんなにたくさんあるのね!シェービング後に限らず、普段の保湿ケアをしっかりやらなくちゃね!

剃り残しを発見したらどうすべき?ラココの対応は?

もし、施術直前に剃り残しを発見したら、どうしたらいいかな?施術をキャンセルした方がいいのかしら?

ほんの少しだけなら、シェーバーを持参していれば、施術室に入ってすぐに自分でシェービングしてしまおう。当日キャンセルはおすすめしない。実際に、剃り残しがあった場合のラココの対応を条件別に比べてみよう。

剃り残しが少ない場合

剃り残しが少なければ、1部位1,000円(税抜)でシェービングしてくれることは先に説明したね。料金を払わない場合、その部位は避けて照射となってしまうよ。もし脇一部位を後から追加で1回契約すると3,000円(税抜)、ひざ上の様な大きい部位だと5,000円(税抜)かかる。それを考えると、シェービング代を払ってでも照射してもらう方がコスパは良い。

シェービング代金1,100円<1部位の脱毛料金3,300円or5,500円

1部位辺りの脱毛料金より、シェービング代金の方が安いのね!

剃り残しが多い場合や剃り忘れた場合

シェービングをいい加減にやって剃り残しがかなり多い場合や、明らかに剃り忘れた場合は、脱毛の施術自体がキャンセルになる可能性もあるよ。当日キャンセルは、キャンセル料として2,000円もしくは脱毛施術1回分消化扱いとなる。

自分の契約範囲によるけど、全身脱毛だったら、1回消化になるよりはキャンセル料金2,000円を払って、後日照射してもらう方が良いね。

顔脱毛の際もメイクしたままの来店でOK

ラココで顔脱毛する場合、メイクは事前に落としていく必要があるのかな?

ラココでは、施術の前にスタッフがクレンジングでメイクオフしてくれるから、メイクしたままでOKさ。また、もし普段から使用しているクレンジング用品を使用したい場合は、持っていけばそれでオフしてもらえるよ。

こんな場合は脱毛NG!来店前に要チェック

下記の様な場合は、脱毛施術を断られるよ。事前にチェックして、もったいないことにならないようにしよう。

生理の時はデリケートゾーンは施術できない

生理中はVライン、Iライン、Oライン、ヒップの施術は避けての照射となる。その他の部位はお手入れが可能。

当日飲酒した状態での施術はNG

飲酒した状態は体温が上がっていて、脱毛施術でさらに熱を与える行為は身体に宜しくないから、当日飲酒をしていったら脱毛を断られるよ。

タトゥーやアートメイクが入った部位は照射NG

タトゥーやアートメイクが入った箇所は照射してもらえない。避けての照射となる。

妊娠中・授乳中は脱毛をお休みして

妊娠中・授乳中は脱毛施術による体への負担を避けるために、脱毛はお休みしよう。 授乳期間を終えて、生理が再開したらまた脱毛できるよ。

お肌に炎症・腫れ・赤みがある方はNG

肌に炎症や腫れ、赤みがある場合、照射すると悪化させる恐れがあるし、痛みを通常時より感じやすい。脱毛はお肌がもとに戻ってからにしよう。

体調がすぐれない場合はNG

体調不良の場合は身体をいたわってお休みしよう。体調が優れない日に施術すると、体調が悪化したり、照射時痛みを伴い易いよ。

ラココでは、施術のキャンセルや予約変更は、原則施術日の3日前までに連絡をする必要があるから気を付けなきゃ!

コロナウィルス感染症に関わる注意事項

現在コロナウィルス感染症対策の一環として、ラココでは下記に該当する人は施術をお断りしているよ。

  • 咳き込んだり発熱(37.2度以上)があるなど、風邪の症状の方
  • 新型コロナウイルス、インフルエンザと類似した自覚症状のある方
  • 新型コロナウイルス、インフルエンザの感染者、または感染が疑われる方との濃厚接触があった方
  • 2週間以内に、海外への渡航歴のある方

ルールを守って気持ちよく利用したいね!