近くのお店を探す

【徹底比較】トリアプレシジョンとレーザー脱毛4xとどっちにすべき?

スキンケアマイスター中村由樹

家庭用のレーザー脱毛器と言えばトリアですが、トリアにも4xとプレシジョンの2種類があり、どちらにすべきか迷う人も多いでしょう。2種類を徹底比較し、一目で違いが判る比較表を用意しました!

一目で違いが判る!トリア脱毛器比較表

まずは、トリアのレーザー脱毛器4xとプレシジョンを比較表にまとめたから見てほしい。

品名レーザー脱毛器4xトリアプレシジョン
価格 40,530円(税込)32,380円(税込)
レーザーの種類 ダイオードレーザー(Class1M / IEC60825準拠)
照射パワー7-22ジュール/㎠7-20ジュール/㎠
照射面積1㎠
レベル調整レベル 1-5の5 段階レベル 1,3,5の3段階
連続使用時間30分15分
ディスプレイ照射カウンター有なし
サイズW8.0cm/D12.0cm/H23.0cmW3.8cm/D4.0cm/H17.0cm
本体重量約584g約200g
カラーフューシャピンク/グリーンダブ
保証期間 2年
使用頻度2週間に1回を3カ月程。以降は1~2カ月に1回
原産国 タイ
公式サイト
※参照:https://www.triabeauty.co.jp/laser-hair-removal-products

4xよりプレシジョンの方が値段がお手頃で、サイズが小さ目なのね。その分機能面も簡易化されているってところかな?

その通り。2つの脱毛器の共通点と、相違点を詳しく解説していくよ。

【共通点①】クリニックと同じダイオードレーザー脱毛が家でできる!

トリアの最大のメリットは、クリニックと同じダイオードレーザー脱毛が自宅に居ながら行えるという点だ。これは、4x、プレシジョンどちらも同様さ。

ダイオードレーザー脱毛って、他の脱毛器とどう違うの?

※画像引用元:https://item.rakuten.co.jp/triabeauty/tria/

よくある家庭用脱毛器は「光脱毛」で、複数の波長を含み、広い範囲を照射できる。一方、レーザーは単一光だから、まっすぐな光線がピンポイントに毛根に届く。だから光脱毛より効果的にムダ毛にアプローチが可能なんだ。

【共通点②】米国FDAから医療機器として認可

トリアは、日本の厚生労働省にあたるアメリカの政府機関FDAから認可を受けた家庭用レーザー脱毛器で、アメリカでは医療機器として販売されているよ。

アメリカの政府も認めているなら、安心ね!

【共通点③】照射面積はどちらも1㎠

レーザー脱毛器だから、どちらも照射口は狭く、直径1㎝の円形で、面積は1㎠さ。毛根にまっすぐレーザーが届くように、こういう設計なんだ。

狭いから広い範囲をお手入れするのは時間がかかりそうね。

トリアはどちかというと、脇や口周り、ビキニライン、指などの狭い部位の照射に適していると言えるだろう。でも、照射スピードは結構速いから、広範囲も意外とスイスイお手入れできる。調査員が実際にどのくらい時間がかかったか見てみよう。

部位別照射時間の目安(4x)

部位時間
ワキ片方約3分
鼻の下約2分
Vライン約10分
膝下片方約20分

脇とかだったら、隙間時間でパッと終わるね!

プレシジョンだと、4xより時間がかかる

実は同じ部位を照射するのにかかる時間は、プレシジョンの方が4xよりすこし多いんだ。

照射面積は同じなのに、プレシジョンの方が照射時間がかかるってどうして?

プレシジョンは、照射事のインターバルが少しだけ4xより長い為さ。脱毛器は照射による熱を本体に蓄積しないよう、ファンを回して熱を発散しながら照射するんだが、プレシジョンは本体が小さいためか、熱の発散に時間がかかってしまうようなんだ。

そうなんだ!それは要チェックポイントね!

【相違点①】パワーは最大22ジュール/㎠の4xが少し上

トリアは、その照射のパワーが売りなわけだが、4xとプレシジョンでは差がある。4xが7~22ジュール/㎠、プレシジョンが7~20ジュール/㎠で、最大値で2ジュール/㎠、4xの方が高いんだ。

4xなら、5回照射で毛が少なく。手触りにも変化が

調査員が、実際に4xを使用して脚を脱毛したところ、たった5回でも上の写真の様に、明らかに毛が生えてきている毛穴が減っていることが確認できた。手触りもザラザラ感が減ったんだ。

さすが4x!いい感じね!プレシジョンのパワーじゃこうはならないのかな?

実は上記の結果は、調査員がレベル5だと痛くて、レベル3で照射した結果なんだ。4Xのレベル3のパワーなら、プレシジョンでも照射可能さ。また、プレシジョンは、他社の光脱毛器と比べればと十分なパワーがあるよ。

照射出力比較表

脱毛器名 照射パワー
トリアレーザー脱毛器4x最大22ジュール/㎠
トリアプレシジョン最大20ジュール/㎠
ブラウンシルクエキスパートプロ5最大6ジュール/㎠
スムーズスキンベア+4ジュール/㎠
脱毛ラボホームエディション最大2.9ジュール/㎠

本当だ!トリアは他の脱毛器と比べて、照射パワーが高いのね!プレシジョンでも十分な気がするな。

【相違点②】レベル調整は4xが5段階。プレシジョンは3段階

レベル調整はトリア4xが5段階、プレシジョンが3段階あるよ。どちらもボタンを押すだけで簡単に変更が可能さ。

なるほど、プレシジョンは2段階少ないのね。これは好みが分かれるかな。

【相違点③】連続使用時間が4xはプレシジョンの倍ある

連続使用時間って何?

トリアは充電式の脱毛器で、事前に充電を完了させておく必要がある。充電が満タンの状態で、連続してどのくらいの時間使用可能かという目安さ。

品名連続照射時間
トリアレーザー脱毛器4x約30分
トリアプレシジョン約15分

メーカー記載だと上記の通りだが、実際に使用してみるともう少し長く使えたよ。

4xの30分はちょうどいい気がするけど、プレシジョンの15分だとあんまりたくさんは脱毛できなさそうね。ピンポイントでムダ毛のお手入れをしたい人向きね。

【相違点④】4xはディスプレイ有。プレシジョンはなし

4xは照射回数を表示してくれるディスプレイがついていて、便利だよ。

プレシジョンはコンパクトだからディスプレイはないのね。まあ、私はなくてもいいかな。

【相違点⑤】4xは約584gとずっしり思い。プレシジョンは一回り小さく重さも200gと軽量

品名サイズ本体重量
トリアレーザー脱毛器4xW8.0cm/D12.0cm/H23.0cm約584g
トリアプレシジョンW3.8cm/D4.0cm/H17.0cm約200g

うん。4xはずっしりと重みがあるね!持ち手が細いから、持ちやすいけど、30分照射し続けたら結構疲れちゃうな。

女性はそういう意見が多いね。重いのが気になるなら200gと超軽量なプレシジョンがおすすめさ!他社製品と比べてもとても軽いよ!

【結論】部分脱毛ならプレシジョン!たくさん処理したいなら4Xがおすすめ!

結論、脇やVライン、口周りだけなど、部分的なお手入れで考えているなら、プレシジョンで十分だろう。一方、足や腕なども処理したい場合は、トリアレーザー脱毛器4xの方がおすすめさ。理由は、やはり一度の充電で連続使用できる時間が長いことと、照射インターバルが短いからだ。

トリアを購入するなら、トリアビューティーの公式サイトからが保証期間2年と、通常の1年より長くておすすめよ!

トリアレーザー脱毛器4x

概要
価格40,530円(税込)
付属品製品本体/充電専用アダプター/取扱説明書
カラーフューシャピンク/グリーン
公式サイトへ

トリアプレシジョン

概要
価格32,380円(税込)
付属品製品本体/充電専用アダプター/取扱説明書
カラーダブ
公式サイトへ

他社の脱毛器と比較したい場合は、下記のおすすめランキングを見ると良い。一日も早くムダ毛の悩みから解放されることを祈っているよ。