近くのお店を探す

脱毛方法の選び方|サロン・クリニック・脱毛器・クリームどれが良い?

スキンケアマイスター中村由樹

ムダ毛のお手入れをする場合、脱毛サロン・医療脱毛クリニックに通う方法や、自宅で家庭用脱毛器や除毛クリームなど様々な方法があり、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。お金を払った後に後悔しない為の選び方を紹介します。


ムダ毛をなくす為に脱毛をしたいんだけど、脱毛サロンに行くか、医療脱毛クリニックへ行くか、家庭用脱毛器を買うか、それとも除毛クリームを使うか迷っているの…。

脱毛方法はたくさんあるから迷ってしまうのも無理はない。それぞれメリット・デメリットがあるから、人によっておすすめしたいものが異なるんだ。例えば、少ない回数で効果を実感したいのなら、やはり医療脱毛だ。また、脱毛と同時に美肌ケアもしたい場合は脱毛サロンやエステサロンがおすすめさ。でも、家から通える範囲にサロンやクリニックがなかったり、あっても「恥ずかしいから人に施術をされたくない」という人もいるね。また、予算の問題も絡んでくる。このページでは、自分に合った脱毛方法を見つける為の選び方について詳しくお話ししよう。

選び方①料金は効果との兼ね合いで考えるべし

なるべく安く、しっかりムダ毛を処理したいんだけど。脱毛サロン、医療脱毛クリニック、家庭用脱毛器、除毛クリームの中で、どれが一番良いのかなぁ?

「安さ」も見る角度によって変わてくるよ。すごくざっくりとだが、1回毎のコストと効果の関係を図で表現してみたから見て欲しい。

脱毛料金と効果の関係性

※図は脱毛サロン20サロンと10クリニック、10脱毛器の平均的な内容です。

1回毎の効果が高い医療脱毛は、やっぱり1回毎のコストも高いのね。家庭用脱毛器だけ、円の形が細長いのはどうして?

家庭用脱毛器は買って1回しか使わないと1回あたりの料金が高くつくが、回数を重ねると1回あたりの料金が安くなるからね。

あと除毛クリームの効果の位置がものすごく低いのが気になるんだけど。

除毛クリームはあくまでも、その場で毛を除毛する為の物で、効果はごく一時的だ。しばらくすればまた普通に生えてくるよ。使い方としては、シェーバーの代わりに使用するイメージでいた方がいいだろう。

そうなんだ!てっきり、塗り続ければ生えてこなくなるものだと思っていた。

思い込みは禁物だよ。続いて、4種類の脱毛方法を総額で比べてみよう。

脱毛方法別料金の総額目安。総額と効果は比例しない!

種類 名称 全身脱毛総額目安
サロン ミュゼ 【全身(顔無し・VIO含む)脱毛18回】578,700円
ラココ 【全身(顔・VIO含む)脱毛18回】324,000円
ストラッシュ 【全身(顔・VIO含む)脱毛18回】262,440円
クリニック アリシア 【全身(顔・VIO含む)脱毛5回】303,000円
リゼ 【全身(顔・VIO含む)脱毛5回】369,000円
レジーナ 【全身(顔・VIO含む)脱毛5回】369,000円
脱毛器 ケノン 1台69,800円(税込)
パナソニック 1台51,480円(税込)
トリア 1台40,537円(税込)
除毛クリーム ミュゼコスメ薬用ヘアリムーバルクリーム ¥2,980(税抜)×お手入れする回数
WHITH WHITE ¥2,980(税抜)×お手入れする回数
ヴィートバスタイム除毛クリーム ¥846(税込)×お手入れする回数

総額でみると、脱毛サロンと医療脱毛の差が大きくなくなっているね!お店によってはサロンの方が高い場合もあるのね?

医療脱毛は医療機関でしか使用できないパワーの強い脱毛機器を使用することができ、毛の組織を破壊することが可能なんだ。だからサロンへ通う回数の三分の一程度の回数で満足する場合が多いんだよ。

1回あたりの効果が高いから、回数が少なくて良いわけね!あと、家庭用脱毛器なら総額がすごく安く済むのね!

家庭用脱毛器は1回購入すれば、壊さない限りはずっと使用できるからね。自分でお手入れする手間を惜しまなければ、コスパが良いのは家庭用脱毛器となるよ。逆に除毛クリームは、全身に塗るなら1回でクリームをほぼ使ってしまうことになるから、使用するたびにコストがかさみ続けるんだ。

そっかぁ!1回あたりのコストと、脱毛完了までのコストで考えると、ずいぶん変わってくるのね。『「安さ」も見る角度によって変わてくる』って意味が分かったわ!

選び方②料金はオプションも入れた総額で考えるべし

脱毛料金は脱毛完了をイメージして、総額で考えることをおすすめするよ。それは選び方①で話した効果との兼ね合いだけでなく、オプション料金も含めるという意味さ。

オプション料金ってどういうこと?

例えば脱毛サロンなら、シェービング代金やキャンセル料金が発生したり、医療クリニックだったら、診察料や薬代が発生したり、脱毛施術料金以外で追加料金を払う必要があることがほとんどなんだ。

脱毛料金以外にお金が必要になることがあるのね!可能性がある項目とそれぞれの目安の金額を全部知りたいわ!

発生しがちな追加料金の項目

脱毛サロン
シェービング代金1回1,000円や1箇所1,000円など様々
キャンセル代金キャンセル料金3,000円程度もしくは1回分消化扱いなど
医療クリニック
初診料1,000円~3,000円程度
再診料1,000円程度
薬代金約500円~
シェービング代金1回1,000円や1箇所1,000円など様々
キャンセル代金キャンセル料金3,000円程度もしくは1回分消化扱いなど

うぅ…。追加料金が発生する可能性が沢山あるのね~!

そうなんだ。だから脱毛サロンやクリニックを決めるときは、かならず上記の項目の金額をチェックした上で契約しよう。

選び方③損したくないなら施術可能範囲をチェックすべし

施術可能範囲って言うと、脱毛できる範囲ってことよね?どのサロンやクリニックも同じじゃないの?

それが、脱毛サロンやクリニックによって部位の名称や範囲がバラバラで、同じ「Vライン」でも脱毛できる範囲に差が有ったり、「全身脱毛」といっても顔やVIOが含まれない場合もあるんだ。

え!全身脱毛したいのに、顔やVIOが含まれない場合があるの?

人気のサロンの全身脱毛プランで比べてみよう。

脱毛サロンの全身脱毛プランの施術範囲は様々

サロン名 施術範囲 コース総額
ミュゼ顔含まない全身6回192,900円
ストラッシュ顔含む全身6回95,760円
キレイモ顔含む全身8回237,800円
ラココ顔含む全身5回79,000円
恋肌顔含む全身6回99,800円
ディオーネ顔含まない全身6回210,000円
エルセーヌ顔・うなじ・IO含まない全身12回236,000円

ミュゼやディオーネ、エルセーヌは全身脱毛のプランには顔脱毛が含まれてないのね!

さらに細かく言うと、ミュゼやエルセーヌではそもそも顔脱毛を行っていない。ディオーネは追加料金を払えば顔脱毛もできる。

家庭用脱毛器のメーカー推奨部位は異なる

家庭用脱毛器や除毛クリームの多くは安全性のためにIOラインは照射が非推奨だったりするんだよ。こちらも表にしたから見て欲しい。

脱毛器メーカー推奨部位
ケノン顔、うなじ、脇、肘上、肘下、手の甲、手の指、胸毛、背中、お腹、Vライン、おしり、膝上、膝下
ラヴィ顔、鼻下、うなじ、脇、肘上、肘下、手の甲・指、胸、お腹、へそ周り、へそ下、背中、腰、Vライン、Iライン、Oライン、膝上、膝、膝下、足の甲・指
ブラウン足、腕、脇、ビキニライン、顔(頬骨より下の部分)
パナソニックアシ・ウデ・ワキ・手(指)・胸(男性のみ)・顔・顔(男性/ヒゲ)・ビキニライン
トリア足、腕、脇、胸毛、背中、お腹、ビキニライン、おしり、顔(鼻より下の部分)
脱毛ラボおでこ、もみあげ、こめかみ、小鼻、鼻毛、鼻下、あご周り上下、乳輪周り、胸、脇、お腹、へそ周り上下、Vライン、Iライン、Oライン、うなじ、肘上、肱下、背中上下、手の甲と指、膝上、膝下、両足の甲と指
エピレタモーションプロ足、腕、脇、胸毛、背中、お腹、ビキニライン、おしり、顔(鼻より下の部分)

「メーカーがIOラインも推奨しているのはラヴィと脱毛ラボホームエディションくらいね。あと、顔の上の方が入っていない場合も多いのね。知らなかった!

また、手伝ってくれる人がいない場合、うなじや背中のお手入れは難しいから、できないと思っておいた方がいいだろう。

選び方④早く脱毛完了したいなら、効果とペースを両方チェックすべし

私も脱毛スタートしたらなるべく早く脱毛を完了したいな!てっきり、効果が高いものを選ぶべきかと思ったけど?

もちろん、効果も大事だが、同時に施術できるペースも、スピードに密接に関わってくるんだ。

例えば、医療脱毛は一般的に最短5回で脱毛完了を目指せるわけだが、クリニックによっては「次回予約は3ヶ月後以降にして下さい。」なんてこともある。また、「1ヶ月後からお取りいただけますが、土日はずっと予約がいっぱいで、土日で取ろうとすると4ヶ月後になります。」なんて実話もあるんだよ。これは脱毛サロンもしかりだ。

ひえ~。1回脱毛するのに4ヶ月も間をあけてたら、どんどん年とっていくわ…。回避するにはどうしたら良いの?

最短の通えるペースと、予約の取り易さを確認しよう。

通えるペースはお店によって異なる

通えるペースは脱毛サロンなら最短2週間~2ヶ月。クリニックなら1ヶ月~3ヶ月ほどの場合が多い。

サロン名通えるペース
ミュゼ1ヶ月~3ヶ月に1回
銀座カラー最短1ヶ月に1回
ラココ
キレイモ最短1ヶ月半に1回
ストラッシュ最短2週間に1回
恋肌
ディオーネ
アリシア最短1ヶ月に1回
リゼ最短2ヶ月に1回
レジーナ

サロン・クリニックによって通えるペースは随分異なるのね!

キレイモは最短1ヶ月半に1回の施術だから、18回やるとすると、1.5ヶ月×18回=27ヶ月かかる計算になるね。ストラッシュなら2週間×18ヶ月=9ヵ月。アリシアクリニックは最短1ヶ月に1回で、6回施術したとるすと半年で終了する計算だね!

その通り。続いて予約の取れ易さは下記のポイントをチェックしてほしい。

予約が取れ易いお店の特徴5つ

24hネットで即時予約が可能か

電話や来店時に予約ができるのはもちろん、ネットから24hいつでも簡単に施術の予約やキャンセルができるととても便利。また、細目に予約ページをチェックしていると、近い日にちに空きが出たりするから、予約も取り易くなる。

脱毛専門サロンorクリニックか

サロン・クリニックによって、脱毛専門の場合と、総合美容の場合に分けられる。後者の場合、様々なお客さんが来る分、予約が取れにくくなっている場合が多い。スタッフの技術としても、毎日脱毛に集中して行っているサロンやクリニックはおすすめさ。

営業時間は平日夜遅くまでやっているか

土日はどのお店も混むもの。とすると、平日の仕事帰りにも通い易いかどうかチェックすることも大事なポイント。早いところだと19時までの営業だが、お店によっては21時までや22時まで営業している場合もある。仕事が平日の人は必ず営業時間を確認しよう。

定休日はないか

週に1日以上定休日があるサロンやクリニックも多くある。自分の通いたい曜日とバッティングしないか契約前に必ず確認しよう。

近隣に複数店舗あり、移動自由か

契約した店舗でしか施術を受けられないサロン・クリニックと、契約店以外でも都合に合わせて好きなお店で施術が受けられるサロン・クリニックがある。店舗移動が自由なら「次の施術日は渋谷店は空きがないけど、表参道店なら空きがあるから、表参道店に行こう」という様な予約の取り方ができるのでおすすめさ。

いくら通えるペースが短くても、予約が取りにくかったらいつまでも脱毛完了しないものね!よ~くチェックしてみるわ!

また、予約の取れ易さを気にしなくていいのが、家庭用脱毛器や除毛クリームだね。家庭用脱毛器なら、使用間隔だけ気にすればOKさ。

選び方⑤産毛も脱毛したい・肌が色黒な場合は蓄熱式脱毛を選ぶべし

毛が薄くて脱毛したい箇所が産毛が多い場合は、「蓄熱式」の脱毛をおこなっているサロンかクリニックを選ぶと良いだろう。

家庭用脱毛器で「蓄熱式」はないの?

現在おすすめできる脱毛器で「蓄熱式」はないね。ほとんどがIPL、一種だけレーザー脱毛器があるくらいなんだ。サロンやクリニックも「蓄熱式」を取り入れているのはまだ少数派だよ。

蓄熱式脱毛のメリット

蓄熱式脱毛は、脱毛業界の中では新しい理論だ。従来の脱毛理論が、毛根の黒い色素に反応して熱処理する仕組みの為、黒くて太い毛には効果が出やすく、薄くて細い毛には効果が出にくいという特徴があった。また、色黒だと光が肌に反応にしてしまい火傷の心配がある為、脱毛を断られることがあった。

蓄熱式脱毛なら、黒い色素ではなく、毛包のバルジ領域に働きかけることで、脱毛する方法だから、産毛にも効果があり、色黒肌でもお手入れが可能なんだ。

私は脱毛方法?チェックリストで確認!

脱毛方法の選び方について、理解はできたかな?最後にそれぞれの脱毛方法がどんな人に向いているか、まとめておこう。

脱毛サロンが向いている人

  • プロに施術をしてもらいたい
  • 脱毛しながら美肌効果も得たい
  • 全身脱毛なら予算は30~50万円で考えている
  • 背面やIOラインもしっかりお手入れしたい
  • 産毛も脱毛したい(SHR脱毛かハイパースキン脱毛のサロンへ)
脱毛サロンランキング

医療脱毛クリニックに向いている人

  • 医療従事者に脱毛してもらいたい
  • 通う回数はなるべく少なくしたい
  • 全身脱毛なら予算は30~50万円で考えている
  • 背面やIOラインもしっかりお手入れしたい
  • 産毛も脱毛したい(蓄熱式医療脱毛を取り扱っているクリニックへ)
医療脱毛クリニックチョイス

家庭用脱毛器が向いている人

  • 人に肌を触られるのが苦手
  • お手入れを定期的に自分で行える自信がある
  • 予約のわずらわしさから解放されたい
  • とにかく低コストで脱毛したい
脱毛器ランキング

除毛クリームが向いている人

  • たまに肌をさらす時だけムダ毛をなくせれば良い
  • 人に肌を触られるのが苦手
  • お店に通ったり、毎週家庭用脱毛器を使い続けるのが面倒で嫌

みんなは、どの脱毛方法にするか決まった?それぞれ、おすすめのサロンやクリニック、脱毛器を紹介したページがあるから、参考にしてね。

著者:中村由樹