コロナ禍のムダ毛ケア事情は?脱毛方法に関する意識調査を2021年1月に実施

更新日:2021/01/16/スキンケアマイスター中村由樹

昨今のコロナ禍における女性のムダ毛ケア事情を確かめるべく、日本全国10代~30代の女性を対象に脱毛方法に関する意識調査を2021年1月に実施しました。

  • 調査主体:株式会社イーグラント・コーポレーション
  • 調査方法:LINEリサーチ プラットフォーム利用の調査
  • 調査対象者:全国10代~30代の女性
  • 有効回答数:1,051人
  • 調査時期:2021年1月7日

2019年以前に脱毛を開始した人は、脱毛サロンを選んだ人が半数以上!

2019年までに脱毛を開始した人は、回答者1,051人の内537人いらっしゃいました。そのうち脱毛サロン(エステサロンを含む)を選んだ方は53.8%と半数以上という結果に。クリニックは10.6%、脱毛サロンとクリニックどちらも経験したことがある方は3.9%でした。

一方、家庭用脱毛器を選んだ方は17.5%。サロンやクリニックと家庭用脱毛器を全て試した方や、2種類を併用した方も一定数いらっしゃいましたが、家庭用脱毛器の経験者の割合は全て合計しても約30%にとどまりました。

2019年以前は、脱毛サロンが人気だったのね♪

2020年に脱毛を開始した人は、家庭用脱毛器を選ぶ人が増加!

2020年に脱毛を開始した79人中、脱毛サロンを選んだ方は38.0%、クリニックは7.6%、脱毛サロンとクリニックどちらも経験した方は1.3%となり、前年までと比べ減少傾向となりました。

その分増えたのが家庭用脱毛器。2020年に脱毛を開始した人の43.0%が家庭用脱毛器を選んでいました。また、家庭用脱毛器+脱毛サロンの両方を利用した方も8.9%いらっしゃいました。その2種を合計すると51.9%となり、家庭用脱毛器でムダ毛ケアをした女性の割合が半数以上に達する結果となりました。

2019年以前は家庭用脱毛器の利用者は約30%だったのに対し、コロナ禍の2020年は51.9%と、自宅でムダ毛処理が可能な家庭用脱毛器の利用者率が急増したことが分かるね。

今、家庭用脱毛器で脱毛している理由は?

現在「家庭用脱毛器で脱毛している」と回答した164人に対して、その脱毛方法を選んだ理由を聞いたところ(※重複回答可)、「その家庭用脱毛器が安いと思ったから」が最も多い82人となり、過半数を占めました。続いて「その家庭用脱毛器が効果が高いと思ったから」が31人と続きました。

一方、「外出を控え在宅時間が増えた為(11人)」や「コロナが心配で、サロン、クリニックを避けて家庭用脱毛器にした(8人)」という人も少なからずいることが分かりました。「通っていたサロン、クリニックが閉鎖して家庭用脱毛器にした」と回答した人は2人となりました。 ムダ毛を気にして脱毛をする女性達にも、コロナ禍の影響は少なくはないように感じます。

2020年は脱毛方法として家庭用脱毛器を選択する女性が増えたことが分かったね。また、脱毛器を選択した理由として、コロナウイルス感染症の影響によるとみられる回答も少なくなかった。ムダ毛を気にして脱毛をする女性達にも、コロナ禍の影響はあったようだ。2021年もきちんと感染症対策をして、みんなで健康にムダ毛ケアをしてほしい。

関連記事