近くのお店を探す

脱毛サロンやクリニックのクーリング・オフ期限や手続き方法

スキンケアマイスター中村由樹

脱毛サロンやクリニックで契約後、早い段階なら「クーリング・オフ」制度を利用できます。一定の期間であれば、どんな理由でも契約を解除することが可能です。もしもの為に、期限や手続き方法をご紹介します。


友達が昨日脱毛サロンで契約したんだけど、帰ってよく考えてみたら、やっぱり解約したいんだって~どうすれば良いの?

昨日の契約なら、国が定めた「クーリング・オフ」が適用となるから、手続きをすると良い。

詳しく教えて!

クーリング・オフとは?

そもそもクーリング・オフとは、一度は契約や申込をした後でも、考え直せる様に、一定の期間なら無条件で契約や申込を撤回・解除することができる制度だ。訪問販売や、電話勧誘、塾や教室、結婚紹介サービス、訪問販売そして、脱毛サロンや医療クリニックなどでの取引で利用が可能だ。

消費者を守るための制度だよね!サロンやクリニックでの契約なら、どんな内容でも該当するの?

良い質問だ。条件があるから説明しよう。

脱毛サロンやクリニックの場合の適用条件

脱毛サロン、いわゆるエステサロンや、医療クリニックでは、期間が1月を超えるもので、金額が5万円を超える場合のみ、クーリング・オフが適用される。

適用条件

いわゆるエステティックや美容医療
期間1月を超えるもの
金額5万円を超えるもの

化粧品、石けん(医薬品を除く)および浴用剤、下着類、美顔器、脱毛器をサロンやクリニックで買った場合も、「関連商品」としてクーリング・オフが可能だよ。

そうなんだ!で、いつまでにどういう風に手続きをすればいいの?

手続き方法と期限

脱毛サロンや医療クリニックでの契約の場合、申込書面または契約書面のいずれか早い方を受け取った日から計算して、8日以内であれば大丈夫だ。1日でも過ぎると無効だから気を付けよう。

必ず書面で行おう。また、契約時にクレジット会社やローン会社と契約している場合は、その会社にも同時に書面を送ろう。ハガキ1枚でOKさ。

ハガキ1枚なら、簡単ね!書き方を教えて!

サロン、クリニック宛てのハガキは下記の内容にしよう。

契約年月日、サロン名と、契約したコース名、金額、覚えていれば担当者名、ハガキを書いた日付、自分の住所と名前を書けばOKだ。

クレジット会社やローン会社宛てのハガキは下記の内容にしよう。

契約年月日、サロンと契約したコース名、金額、覚えていれば担当者名、ハガキを書いた日付、自分の住所と名前を書けばOKだ。

OK!表面の宛先は、契約店舗宛先に送ればいいの?

サロンを運営している会社の代表者宛に送ろう。クレジット会社の場合も同様さ。送り方は、ポストに入れるより「特定記録郵便」や「簡易書留」などの記録の残る方法での郵送が良いよ。また、証拠としてハガキの両面コピーをとるのを忘れないように。

分かったわ!今すぐ友達に伝えなくちゃ!

クーリング・オフについての理解は深まったかな?もし書き方で迷ったり、適用条件に当てはまるか不安な時は、一人で悩まないで全国の消費生活センター等に連絡しよう。消費者庁の「188」の消費者ホットラインも活用すると良いよ。

著者:中村由樹